エムオーウイナー、人馬で父子G1制覇の偉業達成へ・競馬に関する様々な情報をお伝えします!(JRA・GⅠ・重賞・馬券・騎手・馬場・投資・万馬券・穴馬・3連単・3連複・PAT・etc)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エムオーウイナー、人馬で父子G1制覇の偉業達成へ


ウイナー 人馬で父子G1制覇へ

「高松宮記念・G1」(25日・中京)シルクロードS快勝の余勢を駆って、エムオーウイナーがG1初挑戦、初制覇へ挑む。目下絶好調と言える出来。侮れない存在だ。父のニホンピロウイナーは服部師の父、故正利師が手掛けた歴史に残る名マイラー。思い入れの深い名馬の産駒で、JRAG1初制覇へ照準。人馬ともに“父子G1制覇”の期待が掛かる。

>ニホンピロウイナー!強い馬でした!
馬券的にも、本当にお世話になりました(笑)

服部きゅう舎へ足を運ぶと、指揮官は額に入った1枚の写真を見せてくれた。やや色あせてはいるが、その姿はきゅう舎の周りで引き運動をしているエムオーウイナーにそっくり。「だいぶ似てきたな。背中の長さは少し違うけど、全体的な雰囲気は似てきた」。

>馬でも、やっぱり親子は似てくるものなのですねぇ(笑)

写真に写る馬の正体は、父の服部正利師が管理していたニホンピロウイナー。マイルCS連覇や安田記念勝ちなど通算26戦16勝。80年代を代表するチャンピオンマイラーだ。引退後は04年まで種牡馬として活躍しヤマニンゼファーとフラワーパークの2頭のG1ホースを輩出。そして05年3月、惜しまれながらも心臓まひで死去した。

>ヤマニンゼファーとフラワーパーク!そうなんですよね!
むしろ本当にお世話になったのは、「ヤマニンゼファー」の方でした!馬券的に・・・(笑)

人馬ともに深い絆で結ばれている。あと3日に迫った高松宮記念。服部師はエムオーウイナーとともに“父子G1制覇”を目指す。さすがにニホンピロウイナーの勇姿を知る師のジャッジは辛口で「比べるのはかわいそうや。あの馬は後肢の内側の筋肉の盛り上がりがすごかったもの。こすれてよく泡をふいていたからね」と苦笑い。
だが、息子の方も日を追うごとに父に近づいているという。「小さいころからいい馬だったが、どんどんよくなっている。父に比べて毛色が少し黒っぽいぐらい。ここにきてよく似てきた」と、その成長に目を細める。

>子供は、偉大な父と比べられると辛いものです・・・

仕上がりは万全。あとは全力で挑むだけ。「小牧にはしょげて帰ってきてほしくないな。せっかくの機会だし、思い切って乗ってもらいたい」。小牧にとっても、G1のタイトルは是が非でも欲しいところ。偉業達成へ、ベテランの手腕にすべてを託す。

>さあ!シルクロードS快勝の勢いそのままで、一気に「G1」制覇だぁ!!

〔引用 : livedoor NEWS

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。