藤田伸二騎手、フルパワーで騎乗復帰!・競馬に関する様々な情報をお伝えします!(JRA・GⅠ・重賞・馬券・騎手・馬場・投資・万馬券・穴馬・3連単・3連複・PAT・etc)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤田伸二騎手、フルパワーで騎乗復帰!


3カ月騎乗停止の藤田24日から復帰

今週から藤田伸二騎手(35)が復帰する。21日で騎乗停止が解け、24日は阪神、25日は中山で騎乗。高松宮記念では出番がないが、毎日杯ではマイネルヘンリー、マーチSではトーセンブライトの手綱を取る。昨年全国リーディング2位の127勝を挙げた手腕に注目だ。

>騎乗停止は残念でしたが、実力は本物ですから3ヶ月のブランクなどあっという間に取り戻せそうです!

藤田にとっての07年開幕に、合計19クラの依頼が舞い込んだ。3カ月ぶりの実戦に、藤田は胸を高鳴らせる。「騎乗停止になってすぐのころは、乗る予定だった馬が勝ち上がったりして悔しい思いはあった。それでも外から競馬を見ることによって、違った目で見られるようになった」。

>たまに違う視点で物事を見ると、客観的に見ることが出来て意外と新たな気付きがあったりします。

1人の競馬ファンのように自宅で新聞を広げて、1Rから最終レースまでグリーンチャンネルを食い入るように見た。3場開催の時もすべてのレースを観戦。その一方でランニング、筋力トレーニングで体をつくった。胸囲は4、5センチ大きくなった。それでも先週、調教に騎乗した時には筋肉痛になった。「馬に乗ることがいかに大変か、よく分かった」。

>本物のプロですねぇ!

騎乗停止中は引退も頭をよぎった。それでも現役を続けたのは「このまま終わりたくなかったから」(藤田)。3カ月の間に、定年で引退した調教師もいた。最後の恩返しもできぬままレースを見つめた。「伊藤雄先生には関係を復活させてもらったし、その後に重賞も勝たせてもらった。湯浅先生には、調子が悪い時でも乗り馬を与えてもらった時があった。心が痛んだけどね」。

>やっぱり人と人のお付き合いは、大事ですね!
藤田さん自身の人柄もあるのでしょう!

春のG1戦線は桜花賞にカタマチボタン、皐月賞にローレルゲレイロで臨む。「17年目で3カ月も休んだのは初めて。オーナー、調教師、厩舎スタッフ、ファンに恩返しができるような騎乗をしたい」と誓った。3カ月遅れのスタート。開幕週から、フルパワーの騎乗が見られそうだ。

>さあ!どんな競馬を魅せてくれるのか?
楽しみにしましょう!

〔引用 : livedoor NEWS

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。