タマモホットプレイ、悲願のG1獲りを狙う!・競馬に関する様々な情報をお伝えします!(JRA・GⅠ・重賞・馬券・騎手・馬場・投資・万馬券・穴馬・3連単・3連複・PAT・etc)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タマモホットプレイ、悲願のG1獲りを狙う!


ホットプレイ 53秒2の絶好リハ

「高松宮記念・G1」(25日・中京)、タマモホットプレイは坂路で併せ馬。負けん気を前面に出し、並入を果たした。悲願のG1制覇へ、さらに気配は上向きだ。

>昨年の高松宮記念は9着と、惨敗でしたからねぇ!

G1仕様で挑む。タマモホットプレイは渡辺を背に坂路で併せ馬。走る気に満ちた軽快な脚さばきで好調をアピールした。
攻め駆けするセトノゼディタブ(5歳1600万下)と馬体を並べてゴール板を駆け抜けた。時計も4F53秒2-38秒9-12秒5と上々だ。「相手も動く馬だからそれなりに動くね。変わらずいい状態。以前のように神経質な面が見られないし、のんびりと落ち着いているのがいい。だからレースでも集中できるようになったんだ」。6歳馬ながら成長したその姿に南井師も目を細める。

「すごくいい状態です。ここ最近では一番」。あまりの感触のよさに手綱を取った渡辺からも笑みがこぼれる。3走前の淀短距離Sで1年ぶりに勝利を挙げた。続くシルクロードSも2着と健闘。充実一途の今季だけに、案外だった前走が悔やまれる。「前にいた馬がフラフラしたんです。そのアオリを受けただけ。競馬していない分、今回は余力が残っているから」と前向きな姿勢を崩さない。

>この「すごくいい状態です。ここ最近では一番」という言葉につられて、よく馬券を購入してしまうのです!(苦笑)

昨年の高松宮記念は9着に敗れた。外枠を引いたうえに出遅れ。流れに乗れないままだったから力負けとは思っていない。「昨年は気難しい面があったけど、最近は行きっぷりもいい。昨年のようなことはないでしょう」。リベンジを果たすときがやってきた。1年で積み重ねたのは勝ち鞍だけじゃない。経験とメンタル面の上積みを武器に悲願のG1獲りを狙う。

>今年はリベンジなるか?
本当に大丈夫かぁ?タマモホットプレイ!!

〔引用 : livedoor NEWS

スポンサーサイト
Copyright © 競馬情報ダイジェスト All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。